ハンドメイドのお話

そこまでこだわっちゃう?台紙に熱視線な理由

「ねぇ、それどうやって作ってるの?」とよく聞かれるもの、それが【台紙】です。Takaéにとっての台紙とは、ドラマに置ける名脇役のような存在。しっかりと脇を固めることで主人公を引き立て、作品の世界観を盛り上げてくれます。そんな存在が、自分の作品にもいてくれたら、最強じゃないですか?

アメリカ人の発想に、アッと方向転換!

ハンドメイド活動を始めた頃は、お客様が親しい友人達だったこともあり、あくまで”趣味”の延長と思ってやっていました。だから、あくまで”作品が良ければ、それ以外の部分はそれなりでいい”と思っていたんですね。

そんな私の気持ちが変わったのは、当時の恋人(アメリカ人)に言われたことがきっかけ。「一言、言って良い?作品はいいけど、他がダサい!」と、そう言われたんです。超・ど直球ですよね。笑

「大事なお金をいただくんだから、プロとして全力でお客様を楽しませろ!」。その言葉にハッとしました。

私はお客様(友人達)に甘えていたんです。「友達だから、このくらいで良いよね?」って。でも、作品を愛してくださる未来のお客様にも、同じように言い続けるのでしょうか?「ハンドメイドは(プロの作った)市販品じゃないから、このくらいで良いよね?」……ダメダメダメ!それはただの言い訳だ〜!できる範囲できちんとしよう!そう思った瞬間でした。

台紙をこだわると良い、ふたつのポイント♪

台紙の与えるインパクト、気づいてる?

久しぶりに会った友人が髪をバッサリ切っていたら、印象がだいぶ変わりませんか?ロングの彼女が急にショートになっていたら、何かあったの!?と思いますよね。作品にとっての台紙(周りの部分)というのは、それくらいインパクトが大きいんです。

一度作ってしまえば、資産になってくれる

でもでも、毎回作るのは面倒だし、でもそこそここだわりたいし…って言うとどうしたら良いの〜!?って話ですよね。私は面倒臭がりなので、毎回作り直さなくてはいけないとなると続けられる気がしません。笑 そこで編み出したのが、”消すゴムハンコを使う”と言う方法だったんです。

どんな風に作るの?Takaéの方法を大公開!

何を隠そう、私は学生時代に版画を少々嗜んでいまして、その時からゴム版や木版が好きだったんですね。「1枚の版を作れば何枚でもコピーが可能」と言う考えは、台紙にも生かせるんじゃない?と考えたんです。

行程はこんな感じです。

  1. 消しゴムはんこ用の消しゴムを購入
  2. 紙(なんでも良いです!)に図案を描き
  3. 付属のトレーシングペーパーで消しゴムに写し取る
  4. カッターナイフ(に加えて、私は小学生の頃からの彫刻刀を使いました。笑)で、いらない部分を削り取り
  5. スタンプ用のインクで版を押す!

世代的には、プリントゴッコを思い出します。笑 具体的な作り方、台紙にするのにオススメな紙は、また別で詳しく記事化しますね^^

まとめ

一度作ってしまえば、あとはペッタンペッタンするだけなので、私もいまだに3年?以上前に作った版を使い続けています。それでなくても個人での作業の多いハンドメイド活動、こういった”後の資産になる”ストック型のものを作って、楽をしていきましょう♪

それでは、また♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私は、SNSとメルマガを組み合わせて
自分の代わりにネットに働いてもらっています。
ハンドメイドと個人英会話教室を
独学でやって来たのですが
時間にもお金にも追われる環境
『一生このままなのかな…』と
不安になっていました。
そんな時、ネットを活用する働き方に出会い、
ビジネスに対する考え方が
ガラッと変わりました。
ハンドメイド作家たかえの詳しいプロフィールはこちら
人間には、稼働できる時間も気力も限界があります。
でも、機械であるインターネットには
それがありません。
正直、使わない手はないです。
学んで学んで、学んだことを
自分の仕事に当てはめて実践して行く。
これまでにない
【これをやっていけば間違いない】感。
そして、一生懸命やってきたことが形になってきたので
『時間にお金に追われるクリエイターに伝えたい!』
という想いが爆発。笑
この小さなスペースでは、
到底収まり切らないその種明かし。
がっつりお話しているセミナー動画を
プレゼントさせていただきます。
クリエイターは自由人?
一般の方よりちょっぴり
自分に正直で、不器用なだけ。
自分の身を自分で守れれば、
誰にも文句は言わせません。