ハンドメイドのお話

作品に出会う前からお客様をワクワクさせるパッケージの秘訣

ハンドメイド作品が選ばれる一番の理由は”その人にしか作れない世界観”があるから。皆さんは、世界観を作るために、どんな工夫をしていますか?

包みを開ける瞬間から、ドキドキワクワクしてもらいたい!今日は、作品にたどり着く前にお客様を魅了する、たかえ流パッケージの秘密に迫っていこうと思います。

パッケージはお客様が最初に出会う場所

待ち望んだ作品が届いたら、飛びつくくらいの気持ちですよね!さぁ、封を解いて最初に見るのはどこでしょう?

それが”パッケージ”。お客様は、作品をいきなり見るわけではないのです!どんなに中身(作品)が素敵でも、容れ物が微妙だったら興ざめ…。華美にする必要はありませんが、少しのこだわりを持たせてあげることで、他の作品、作家さんとの差別化ができますよ♡

差別化の肝は…包装紙!!!

一番手っ取り早く、かつ”他の人とは一味ちがう”を演出するために使えるのが、包装紙(ラッピングペーパー)♪

紙自体に元々個性があるので、作品の台紙に貼っても良し、箱ラッピングや封筒に貼るのも良し、という万能っぷりです。って「それだけ」って思いますか?本当にたったそれだけのことなんですが、Takaéはこれまで「どうやって作っているの?」と聞かれたこと多数…。効果てきめんです!笑

ただ、問題は…”見つからない!?”

ただこの包装紙、日本国内で素敵なものに出会うのはなかなかの至難の技。なぜって、日本には「自分でラッピングをする」という習慣がないから。

子供の頃、デパートのお姉さんがサササーッとラッピングしてくれるのに憧れた、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。私は目をキラキラさせながら見つめていたクチなのですが、まさか作り手になってそれが痛手になるとは…。笑 この国では『ちょっと質の良い、おしゃれな紙』というもの自体、あまり市場が大きくないんですね。

じゃあ国内でダメなら…?そう、海外に目を向ければ良いのです!

私は20代のころ、勉強のためにアメリカに3年間と少し住んでいたのですが、クリスマス時期は特にすごいです。一人ひとりに複数個のプレゼントを用意するにも関わらず、その全てが”ラッピングはご自分で♡”なんですね。だから、どこのお店にも包装紙が置いてありますし、それぞれのお宅にも、紙やリボンなどのラッピング用品がまとめてあるクリスマスボックスがあることが多い!外国のお友達ができたら、クリスマス前にぜひ遊びに行ってみてください。器用な人は、もれなくラッピング合戦に駆り出されますよ。笑

アメリカ時代、お呼ばれした親しい友人宅でのクリスマス。ツリーは本物、ラッピングは全て自分達でするのが主流です♪

実は、●●から直接取り寄せていました♡

というわけで、日本で見つからないならー!と目を光らせていたところで出会ったのがこちら。今回お世話になった、オーストラリアの印刷所『Bespoke Press』さんです。

この写真に載っているものは、全てSALEで購入しちゃいました。笑 現地アーティストさんが描くオーストラリアの植物は見慣れないものばかりで、とっても素敵…。

カフェも併設されているオーストラリアの実店舗。いつか行ってみたいです♡

気になる購入の仕方、値段、どうやって買うの??

こちらがギフトラッピング購入の専用ページです。☟動画で、実際の購入までの様子を♡(無音、1分)

どれも裏表のリバーシブルで6枚入り、価格はオーストラリアドルで$25です。

2018年12月時点で1ドル81円ほどなので、2000円ちょっと(1枚333円)で買えるためお得感があります。

ただ、ちょっと待て待て、日本語が使えないと不安だよ?という方もいらっしゃるかもしれません!そこで、日本国内で変えるところがないか、調べてみましたよ〜!

日本国内で買えるところは?

すこーし割高にはなってしまうのですが…ありました!

福岡にあるラッピングペーパー専門店「REGARO PAPIRO」さんです!

世界中のかわいい包装紙、ラッピングペーパーの専門店」ということで、アメリカ、アジア、ヨーロッパ、オーストラリア…と、本当に世界中から集めてくれています。眺めているだけでもうっとりしてしまいますね!

まとめ

ということで、今回は「他の作家さんとは一味違う」と思ってもらえるTakaé流パッケージの工夫〜包装紙を上手に使おう♪〜についてお伝えしてきました。記事の中では、オンライン上のショップをご紹介しましたが、身近なところでも掘り出し物が見つかることも…!また素敵なところがあったらレポしますね!

それでは、また♪

 

たかえ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私は、SNSとメルマガを組み合わせて
自分の代わりにネットに働いてもらっています。
ハンドメイドと個人英会話教室を
独学でやって来たのですが
時間にもお金にも追われる環境
『一生このままなのかな…』と
不安になっていました。
そんな時、ネットを活用する働き方に出会い、
ビジネスに対する考え方が
ガラッと変わりました。
ハンドメイド作家たかえの詳しいプロフィールはこちら
人間には、稼働できる時間も気力も限界があります。
でも、機械であるインターネットには
それがありません。
正直、使わない手はないです。
学んで学んで、学んだことを
自分の仕事に当てはめて実践して行く。
これまでにない
【これをやっていけば間違いない】感。
そして、一生懸命やってきたことが形になってきたので
『時間にお金に追われるクリエイターに伝えたい!』
という想いが爆発。笑
この小さなスペースでは、
到底収まり切らないその種明かし。
がっつりお話しているセミナー動画を
プレゼントさせていただきます。
クリエイターは自由人?
一般の方よりちょっぴり
自分に正直で、不器用なだけ。
自分の身を自分で守れれば、
誰にも文句は言わせません。