ハンドメイドのお話

金属アレルギーの私だって、アクセサリーを楽しみたい!

こんにちは、たかえです!

情報発信のかたわら、アクセサリー作家もやっている私ですが、 何を隠そう金属アレルギー持ちだったりします(;´Д`A!

夏場は特にひどく、ネックレスなんて着けようもんならバーっと赤みが出て

たかえ
たかえ
かゆかゆかゆ〜〜〜!!!!

ピアスはさらに【肌を貫通】しているので
かゆかゆかゆ〜〜〜!だけでは済まず、

數十分で炎症を起こし、あげく肌からグジュグジュと膿が…(すいません)

だからこそ、作品で使う金属パーツには、こだわりがあります。

今日は、そんなお話をさせてくださいね^^

Takaéの使っている金属パーツは?

金属トラブルにうるさい私が、主に使っているのは

Gold Filled(ゴールドフィルド)

というパーツです。

Gold(金)で、Filled(満た)されているという名の通り、【ゴールド部分が非常に厚い】のが特徴。日本とだと【14金】と言ったりもしますね。

その実力は、一般的に使われている金メッキの厚みと比べると、

なんと20〜100倍!ひゅう!

 

この、金の厚さが生み出すのは

・劣化のしにくさ◎
・金属アレルギーの出にくさ◎

です。

1年での劣化の違いを見てみよう!

劣化に関しては、もう見ていただいた方が早いので…ご覧ください!
こちらです!

これ、全く同じ時期に作ったのですが、1年後の劣化の差を、感じていただけるでしょうか。

金メッキとGold Filledの違い

そもそも、どうしてこんなに違いが出てしまうのでしょう?

それは【金膜の張り方】に違いがあるからなんです。

金メッキ
真鍮(しんちゅう)芯に、金が1膜だけ張られている状態

 

真鍮で一番身近なのは、5円玉ですね!

それを金の液に浸して、見た目を金っぽくした、と言う状態です。

ですが、まぁ薄〜い膜なので、肌や服との摩擦で、メッキはどんどんハゲていきます。

 

その結果、1年後には…

 

まあ、基本つるっパゲです。笑

 

化けの皮が剝がれ(!?)元のくすんだ真鍮の色が出てきます。

ボロックソ言っていますが笑 強いてメリットを挙げるなら、とにかく安価なこと。だから、minneやメルカリでは、金メッキの作品が多いんだと思います。

Gold Filledの良さ

それに比べて、Gold filled (14金パーツ)を、もう一度見てあげてください!

くどくてすみません笑

 

見た目、体感ともに、1年経っても全く劣化を感じません。

それどころか、大事にすれば一生物とさえ言われるのが、Gold Filled。

 

そして気になるアレルギーの部分ですが、

金の層が非常に厚いので、金メッキのように禿げることもなく、アレルゲンになりうるニッケル(を含む真鍮芯)が肌に触れることは、まずないです。

 

 

ブラボー!!!!!!!

 

 

とついつい熱くなってしまうのですが笑

値段はというと、

少し高いです。そこは、デメリットかな。

 

金メッキに比べると
パーツだけで数倍から〜十数倍します。

(それでも、よく耳にする18金とか24金と比べたらお手軽価格^^)

 

私の作品は最低でも4000円近くしますが、それにはこのパーツ代も含まれています。

Gold Filledを使う、私のポリシー

それでも、私が大事にしている考え方として
✖️その一瞬を安くして、1年以内にダメになってしまう作品より
⭕️購入の際はそこそこ高くても、何年も楽しんでいただける作品
を、お届けしたいんです。
 お嫁にいく作品が、”長く綺麗なまま”たくさんのお出かけに連れて行ってもらえますように^^
それでは、また♪
たかえ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私は、SNS発信とメルマガを組み合わせて 自分の代わりに働いてもらっています。

ハンドメイドと個人英会話教室を
独学でやって来たのですが
時間にもお金にも追われる環境
『一生このままなのかな…』と
不安になっておりまして。

30歳も数年経った2018年に、
ネットを活用する働き方が
あるのを知ったのをきっかけに、
販売の仕方/働き方に対する考え方が

180度変わりました。

ハンドメイド作家たかえの詳しいプロフィールはこちら

ジャンルは違えど学んだことを
自分の作品や、得意なことに
当てはめて実践していく。

これまでにない
【これをやっていけば間違いない】感…!

やってきたことが形になり、
作品が、自動的に数万円の高単価でも
売れるようになったことで
『これは作家さん達に伝えたい!』 という想いが爆発。笑

この小さなスペースでは、
到底収まり切らないので、
お勉強してきたことはお手紙にして
私自身の言葉で伝えることにしました。

クリエイターは自由人?

一般の方よりちょっぴり
自分に正直で、不器用なだけ。

自分の身を自分で守れれば、
誰にも文句は言わせません!

私の学びも失敗談も、笑って
お付き合いいただければ幸いです。